米国がビザ免除プログラムの改定

画像


■リビア、ソマリア、イエメンの3ヵ国を該当国として追加■

 1月21日から「ビザ免除プログラムの改定及びテロリスト渡航防止法」の施行を米国が開始しているが、2011年3月1日以降、イラン、イラク、スーダン、シリアへの渡航または滞在歴がある人は、米国入国の際、ビザ免除プログラム(ESTA)では入国できず、査証(ビザ)の取得が必要だが、その後、リビア、ソマリア、イエメンの3ヵ国を該当国として追加した。



<< 続きを読む>>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック